2012年09月04日

この記事へのコメント
北九州ハイキブツバスターズの皆さま、はじめまして。
このたび我が浜松市でも不本意ながれき本格受け入れの表明がなされました。
私達は、がれき反対アクション@浜松というグループを緊急で立ち上げた者たちです。
浜松市長宛てに公開質問状を作成するにあたり、こちらの、9月3日に提出された質問状を参考にさせていただきたいのですが、問題ありませんでしょうか。
ぶしつけで申し訳ありません。
Posted by ヒラノリエ at 2012年09月29日 02:02
ヒラノリエ様、はじめまして。
返答が遅くなり申し訳ございません。
公開質問状は、ご参考にして頂いて全く構いません。
日本中どこででも、震災がれきは焼却されるべきではありません。
全国で協力し、受け入れ阻止、焼却中止を目指しましょう。
宜しくお願い致します。
Posted by スタッフA at 2012年10月02日 03:34
こちらもお返事がおくれましてすみません。
ご快諾ありがとうございます。先日はたかはし様にもお電話でお話をうかがいました。いろいろお世話になります。少しづつ風向きが変わりつつあるのも感じます。全国区で情報を交わしながら不要な広域処理をなくしてゆきたいですね。
またご報告させていただきます。
Posted by ヒラノリエ at 2012年10月08日 13:42
ヒラノリエ様

お返事ありがとうございます。
丁寧なお電話を頂いたことをお聞きしました。
全国で連絡を取り合って、協力体勢を取って行けたら嬉しいです。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
Posted by スタッフA at 2012年10月15日 17:10
ただしく勉強しよう。
http://togetter.com/li/259630
Posted by 一休 at 2012年12月17日 14:41
 拝見していて、疑問が生じてきました。
まず、この「ハイキブツバスターズ北九州」の名称。
今回の「がれき焼却受け入れ」でこの名称を考えたとしたら
あまりにも現地の感情をないがしろにしています。

 現地のボランティア団体は、「がれき」と呼ばないように気をつけています。それは、震災によって発生した「がれき」(流入物、被災物)は、被災した人たちの思い出のものなのです。
 とくに今回問題となっている木質系の「がれき」(流入物・被災物)は、写真や本、絵あるいは、家の建築物の一部だったりします。
それらがくることで、意識してこの「ハイキブツ」という名称をつけたなら、現地感情を無視したものです。
 指摘させていただきます。
Posted by 一休 at 2012年12月20日 11:23
ひまわりプロジェクトの首謀者正体

大阪おかんの会ブログ2012年12月25日付より

村上さとこさんを応援してください!

多くの反対市民の声を振り切り、北九州市では、9/17より震災ガレキの受け入れ・焼却を開始しています。以後、北九州各地で、急激な放射線量の上昇やセシウムなどの放射性物質が確認されているものの、これらの情報をメディアは報道することはありません。このままでは、「市民のいのちと健康は守られない!」として、この問題に取り組んできた九州ひまわりプロジェクト代表:村上さとこさんは、一念発起で立ち上がり、来年1月の北九州市議選へ出馬します。これまでは、普...通の主婦。5年前にご主人の仕事の関係で、移住した彼女にとって地盤も看板も無い中での決断。本当に厳しい戦いに切り込んでいます。
以上

 「5年前、ご主人の仕事の関係で移住した」とあります。
たしか、この人、関東から自主避難したとか帰れなくなったと言っていたのでは?
 
Posted by 一休 at 2013年02月15日 18:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。