2012年11月11日

第2回公開質問状に対する説明会が行われました

11月1日(木)18〜19時半、ハイキブツバスターズ北九州が提出した第2回公開質問状に対する説明会が行われました。

参加したのは住民側10名、弁護士2名(高橋氏、池上氏)、環境局職員5名(映像左から、北九州市環境局循環社会推進部 保全課長 作花氏、災害廃棄物調整担当課長 梶原氏、施設課長 阿部氏、業務課長 藤本氏、災害廃棄物調整担当係長 森氏)、報道関係者・記録係10名でした。
参加者の皆様、中継をご覧下さった皆様、情報を拡散して下さった皆様含め、ご支援下さっている皆様、ありがとうございました!

ハイキブツバスターズが取り組んでいる説明会については、多くの方の様々なご意見があるかと思いますが、北九州市との冷静な質疑応答は必要であると、ハイキブツバスターズメンバーやご協力下さっている弁護士達は考えています。

今回も市側が事前の書面回答を拒否し、説明会の場のみで回答をした為に時間不足となりましたが、今回の説明会の中で、北九州市環境局は、「北九州市で燃やしているがれきの焼却灰から、100数十Bqの飛灰が出ている可能性がある」という事を認めました。
これは大変重大な回答であると言えます。引き続きこの点について、環境局に対して十分な説明を求めて行くつもりです。

ハイキブツバスターズは第2回公開質問状に対する説明の、残り部分の為の説明会の開催を市に要望しており、出来れば今月中にも開催させて頂く様に、交渉中です。
進捗状況はこちらでご報告して参ります。どうぞ宜しくお願い致します。

IWJ FUKUOKA ch1
ハイキブツバスターズ第2回公開質問状に対する北九州市環境局説明会 中継映像
http://www.ustream.tv/recorded/26591813
posted by ハイキブツバスターズ北九州 at 21:23| 公開質問状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

日明工場、皇后崎工場、新門司工場における震災廃棄物焼却及び響灘西地区廃棄物処分場への焼却灰埋立中止を求める署名

【「がれき問題を考える会・北九州」からの要請です】

この署名は北九州市全域用になりますので、どうかご協力の程よろしくお願いいたします。
締め切りは12月9日までです。

日明工場、皇后崎工場、新門司工場における震災廃棄物焼却及び
響灘西地区廃棄物処分場への焼却灰埋立中止を求める署名

北九州市長 北橋健治殿

本年9月17日より宮城県石巻市の震災廃棄物の焼却処理が新門司工場、皇后崎工場、日明工
場において、9月18日より焼却灰の埋立が響灘西地区最終処分場において開始されました。
震災廃棄物には複数の種類の放射性物質だけではなく、アスベスト、多様な有害化学物質及び
有害重金属類も含まれています。
さらに三工場及び響灘西地区最終処分場のいずれも施設周辺の多くの自治会、住民、関係団体
には震災廃棄物の本焼却及び焼却灰埋立に関する十分な説明がなされておらず、住民の承諾も
ありません。
公害防止協定も締結されておらず、健康に影響が出た場合の補償も不透明です。
このような状況であるにも関わらず、震災廃棄物の本焼却及び焼却灰の埋立を続行することにつ
いて厳重に抗議すると共に震災廃棄物焼却及び焼却灰の埋立の即時中止を求めます。


三工場、響灘反対署名.pdf


問い合わせはmailto:garekimondaikitakyusyu@gmail.com
posted by ハイキブツバスターズ北九州 at 18:44| 署名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。